【足三里】のツボの位置や適応症状・効果

足三里のツボの詳細 361+α

足三里の適応症状・効果

  • 胃腸症状
  • 足の疲れ
  • 元気が出ない時
  • 病気の養生、感染症予防

足三里の見つけ方

膝を軽く曲げた時、膝のお皿の骨の下、外側にできるくぼみに「犢鼻(とくび)」というツボがあります。足三里は、そこから3寸(指の幅4本分)下にあります。

具体的な取穴部位

下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方3寸。

(出典:『新版経絡経穴概論』.日本理療科教員連盟、公益社団法人東洋療法学校協会、教科書執筆小委員会)

その他、足三里の特性

所属経絡

足の陽明胃経(ST)。

要穴

  • 胃経の合土穴(ごうどけつ)
  • 胃の下合穴(しもごうけつ)
  • 四総穴(しそうけつ)の一つ

施術者の一言

足三里は養生・セルフケアに用いやすく、効果も高いツボの一つです。消化不良や胃もたれ、便秘や下痢といった胃腸症状を改善し、消化・吸収の効率を高めます。結果的に体力回復・元気の出るツボとして知られ、かの松尾芭蕉も足三里にお灸をすえて、長旅の疲れを癒していたと言われています。

また、後進国を中心にセルフでの直接灸を指導しているmoxAfrica(モクサアフリカ)というチャリティ団体があります。moxAfricaでは、感染症予防や健康増進のために、自分で足三里にお灸をすえる方法を広める活動をしています。

コメント