腰椎圧迫骨折について(症状、原因、治療)

スポンサーリンク
腰椎のイメージ 在宅医療
スポンサーリンク

腰椎圧迫骨折とは 

腰椎圧迫骨折は、背骨の腰にあたる部分である腰椎に外部から圧力がかかることで生じる骨折を指します。ご高齢で、骨粗しょう症などの持病のある女性に多く見られます。基本的な治療法としては、コルセットなどで患部を固定し安静にする保存的療法が選択されます。しかし、強い痛みが続く場合や、下肢などに神経痛が広がる場合には手術が検討されます。どちらの場合にも、腰部に負担のかかるような姿勢や運動は極力避け、日常生活の中でも工夫が必要になります。

代表的な症状

腰椎圧迫骨折は多くの場合、腰部の強い痛みが起こります。日常生活の中でも、寝返りや起き上がりなど体幹部の動きを伴う動作時に強い痛みが起こるため、QOLの低下が懸念されます。
また、圧迫骨折の起こる位置などによっては下肢の痛み、しびれといった神経痛が起こります。

合併症にも注意

圧迫骨折によって神経の圧迫が強まると、下肢のしびれや痛みだけでなく、麻痺症状が起こる事もあります。足首や膝を動かす力が弱くなることで、次第に自分では動かせなくなってしまい、寝たきりなどの原因になってしまいます。
また、圧迫骨折の悪化やそれに伴って連鎖的に背骨が変形を起こす事で、排尿障害や内臓機能・心肺機能の低下につながることもあります。

腰椎圧迫骨折の原因

腰椎圧迫骨折は高齢者に多く、直接の原因は転倒や尻餅をつくなどの外部からの衝撃によって起こります。また、加齢に伴う骨密度の低下や、骨粗しょう症などによって腰椎圧迫骨折が起こりやすくなります。転倒や尻餅といった大きな衝撃だけでなく、洗面時に前かがみになる際に骨折が起きたり、下から物を持ち上げる時に骨折するケースもあり、軽度なストレスであっても圧迫骨折のリスクは高くなります。重度の骨粗しょう症では、せきやくしゃみ程度の負荷がかかるだけで腰椎圧迫骨折が起こることもあります。

  • 靴の脱ぎ履き
  • 洗面時の前かがみの
  • 下のものを拾い上げる
  • 寝返り、起き上がり
  • 後ろを振り返る

上記のような動作は、脊椎にかかる負担が大きいため、圧迫骨折のリスクが高くなることを念頭におきましょう。また、圧迫骨折を起こしている場合に上記の動作を行うと、悪化のおそれもあります。

腰椎圧迫骨折の治療

保存的療法

腰椎圧迫骨折の場合、多くは保存的療法が第一選択になります。コルセットなどで腰部を保護をした上で、安静に過ごすことで痛みが軽減するかを観察します。数ヶ月の間は痛み止めのお薬の服用などもあわせて行うことで、痛みが落ち着くケースもあります。

コルセット

コルセットは圧迫骨折を起こした部位を固定・保護し、安静を保つための治療用装具です。動作時には必ず体に重力がかかり、脊椎が潰れてしまう方向に負荷がかかります。圧迫骨折を起こした部位に、さらなる負荷をかけないようにコルセットの装着が必要です。
圧迫骨折時につけるコルセットは一般的なものよりサイズも大きく、「苦しい」「暑い」といった意見が多くあります。しかし、圧迫骨折の受傷から骨の癒合が安定する2ヶ月前後は、固定・保護のためにコルセットを装着することが推奨されます。

手術(外科的処置)

保存的療法で痛みが落ち着かない場合や、下肢の神経痛などが随伴する場合には、手術の選択肢もあります。骨折を起こした腰椎を修復する「椎体形成術」と呼ばれる手術があり、神経痛などがある場合には同時に神経の圧迫を取り除くような手術を行い、状態改善をはかります。
特にご高齢者の場合、手術による体への負担を考慮する必要があります。また、手術前後の入院中にベッドで安静に過ごす時間が長くなるため、筋力の低下や認知症の進行などのリスクも高くなってしまいます。体への負担やそれに伴って起こるリスクも考慮した上で、適切な処置を検討する必要があります。

入院期間の目安

圧迫骨折の度合いや随伴症状などによって手術の内容が異なり、それに伴い入院期間も異なります。入院や手術のリスクに関しては周知の事実なので、早ければ1週間前後で退院できるケースもあります。数週間から1ヶ月の入院が必要な場合でも、手術後に早期のリハビリが開始され、ベッドで寝ている時間は極力短くなるようにリハビリスケジュールが組まれているところが多いです。

骨粗しょう症の治療も重要

腰椎圧迫骨折の原因となっている骨粗しょう症の治療を行う事で、圧迫骨折の再発を防ぐ事も重要です。特に50代以降の女性はホルモンバランスの変化によって、骨粗しょう症になりやすい傾向にあります。

腰椎圧迫骨折のリハビリ

腰椎圧迫骨折のリハビリは、受傷後の時間経過によって負荷を調節して行います。

受傷後初期

圧迫骨折の受傷後初期においては、座位や立位でのリハビリは圧迫骨折の悪化を招くため、基本的にはベッド上で行えるリハビリを行います。体幹部(脊椎)の大きな動きは避けて、四肢の運動や、腹式呼吸などで全身の機能維持を目指します。

受傷から数週間後

患部の痛みが落ち着いた頃から、コルセットを装着して立位や歩行訓練を行い、下肢から体幹の機能向上を目指します。前かがみになる動作や体をねじる動作は避ける必要があり、また転倒や尻餅などに注意が必要です。立位から座位にうつる際に、お尻の接地が強くならないように注意が必要です。

受傷から数ヶ月後

圧迫骨折受傷から2ヶ月前後が経ち、骨癒合が確認できた頃から体幹の筋力向上を目指します。とは言え、基本的に脊椎の大きな動きは避ける必要があります。姿勢を保持するようなスタビライゼーショントレーニングや、スタティック(静的)トレーニングを行います。

コメント