【心包・三焦】東洋医学にある独特の臓腑の働きのまとめ

心包・三焦イメージ 五臓六腑

「五臓六腑」と聞いて、皆さん全て答えられますか?

私は「五臓六腑に染み渡るわ〜」なんて言いながらも、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の養成学校に入学するまで知りませんでした。

五臓には、肝・心・脾・肺・腎、そしてそれに対応する五つの腑として胆・小腸・胃・大腸・膀胱があります。

では、六腑目とそれに対応する六臓(本来は言いません)は何でしょうか。

それが、【心包(しんぽう)と三焦(さんしょう)】です。この記事では、心包と三焦について、それぞれの働きをまとめていきます。

五臓六腑についてはそれぞれまとめたページもありますので、興味がある人はご覧下さい。

スポンサーリンク

六つ目の臓? 心包(しんぽう)とは

心包は五臓の心(心臓)を守るように覆う、しかし実在はしない臓器だとみなされています。心包の働きは、主に心と同じで、心臓のポンプとしての役割、精神活動の取りまとめがあります。

心の働きの確認

心の働きは、大きく2つあります。

  • 血を送り出すポンプとしての役割。
  • 精神活動の取りまとめとしての役割。

西洋医学と同様に、東洋医学においても「心(臓)」は大切な臓器です。東洋医学では、特に「ココロ」としての働きを認め、意識の統括役としての心の重要性を説いています。

心包は心を守る臓

心包は、大切な心を守るために、心をまとうように覆っている臓器と考えられています。

医の西洋・東洋を問わず、実際に解剖をして「心包」という臓器を確認することはできません。このあたりは東洋医学の独特の考え方で、例えば「気」のような、「実体はないものの確かにあるもの」を大切にしています。しかし、確かに存在し、心に悪いものが入り込まぬよう守っていると考えられています。

五行では火に属する

心包は心の一部(覆っているため)とされるため、五行では心と同様に「火」に属します。

そのため、「五主(ごしゅ)」や「五華(ごか)」など、五臓と体の部位の関係性も心と同様です。

▶︎心の五行(五主や五華など)を確認する

上焦・中焦・下焦の考え方

心包、心、肺の3つの臓器は、体の分類では「上焦(じょうしょう)」にあたります。

上焦とは、特に体幹部を3つに区切った時に上部にあたる範囲を言い、上焦と中焦を隔てる部分を「膈(かく)」と言います。

上焦にある心包・心・肺は、中焦以下に通される飲食物やその消化物が入り込まぬよう、「膈」によって隔てられています。

心はそんな上焦の中でも、さらに心包に覆われているため、外からの邪や汚いものから厳重に守られている臓器です。

中焦(ちゅうしょう)には脾と胃が、下焦(げしょう)には肝と腎、小腸・大腸と膀胱があります。この辺りは、この後の「三焦」の項で触れます。
スポンサーリンク

六腑の三焦(さんしょう)とは

「三焦(さんしょう)」は臓である心包と表裏関係にあり、対応する腑です。三焦も心包と同様に、その実体がないものの確かに存在する腑です。

三焦 = 上焦・中焦・下焦

心包の項でも触れましたが、東洋医学では体幹部を上焦・中焦・下焦の3つにわけて考えます。

  • 上焦:心・心包・肺
  • 中焦:脾・胃
  • 下焦:肝・腎・小腸・大腸・膀胱

これら3つをあわせて、「三焦」と言います。すると、全ての臓腑が三焦なのかな? と想像しますが、その辺りが何とも言えないのが東洋医学の特徴です(よくも悪くも)。

明確ではない「三焦とは何か」

実は三焦について、治療家や専門家の間でも様々な意見があります。その中でも有力なものが、下記の2つになります。

  • それぞれの臓腑の隙間
  • リンパ管(リンパの通り道)

これらを統合して、体幹部(上焦〜下焦)における、気や水分の通り道と考えることが多くあります。

スポンサーリンク

心包と三焦の治療

実際の治療において、実体がない心包や三焦がどのように症状に絡んでいるかを確認する必要があります。

ここからは、実際に心包の経絡と三焦の経絡、それぞれに属する代表的なツボの役割や治療効果を確認していきます。その役割から、心包や三焦の働きを考えてみましょう。

心包に関するツボ

内関は心包の経絡に属するツボで、下記の働きを持ちます。

  • 自律神経の調整
  • 血圧の安定
  • 精神を落ち着かせる
  • 酔い止め

心包経のツボから考えると、心の働きに加え、自律神経や精神面を含めた全身症状といった感じです。

膻中は心包の「募穴(ぼけつ)」であり、「気会(きえ)」という特性を持つツボです。

これら2つの特徴から、心包と気の密接な関係もうかがい知ることができます。

三焦に関するツボ

外関は三焦の経絡に属するツボです。三焦経全体の治療効果をみると、経絡の流れに沿った効果が多い印象です。

  • 頭痛や耳鳴り
  • 目の疲れ・充血
  • 発熱

特に、体内の水分が多いことで起こる頭痛や耳鳴り・難聴、手のむくみなどに効果がある印象です。

おわりに

今回は五臓六腑の中でも、知る人ぞ知る心包と三焦についてまとめてみました。

どちらも、「実体はないが機能的に存在はする」不思議な臓腑であり、こうした存在を認める辺りが東洋医学の良いところでもあり、悪いところでもあります。しかし、生きていく上で感じる「目に見えぬ力」というのは確かにあるわけで、心包や三焦のようにフワッとした存在を大切にしている点は面白いと考えています。

「五臓とそれに対応する五腑では説明がつかないところが、心包と三焦」と考えても良いかもしれません(もちろん他にも色々ありますが)

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント