六腑の東洋医学的な働きと、六腑の不調のまとめ

五臓六腑

東洋医学において、体の調子は五臓六腑の働きと、体内の気血水精のバランスによって成り立つと考えます。特に五臓には西洋医学では考えないような働きもあると捉え、感情や体のパーツの変化を指標に治療を組み立てたりもします。

一方、六腑にもそうした五臓と関係しながらそれぞれの働きがあります。またそれぞれの特徴として、「五臓は気血水精をためておく働き、六腑は飲食物や消化物の通り道」という点があります。

今回はそうした六腑の、それぞれの特徴をまとめていきます。

スポンサーリンク

東洋医学における六腑の考え方

六腑とは、胆、胃、小腸、大腸、膀胱、三焦の六つを指します。一般的には五臓もあわせて「内臓」と考えますが、東洋医学では五臓と六腑は異なる性質・働きを持つと考えています。

五臓は容れ物、六腑は通路

五臓は、それぞれの臓器ごとの働きがあったり、中に気血水精をためておく働きがあります。一方の六腑にもそれぞれ働きはありますが、基本的には飲食物の通る一本の管で、空洞になっています。

飲食物は六腑の管を通りながら、気血水精のエッセンスを臓に貯蔵していきます。空洞であり、飲食物を通すはずの六腑が詰まったり、滞ったり、逆流すると、不調が起こります。

六腑は表皮と表裏一体

東洋医学では六腑は体表とつながっているものと捉えています。

アレルギーなどで皮膚に蕁麻疹が出るのも、腸内環境によってお肌の状態が左右されるのも、そうした六腑と体表の特徴からだと考えられます。

スポンサーリンク

六腑それぞれの性質と働き

胆は五臓の肝と関わり、決断力をつかさどる

六腑の胆は五臓の肝と表裏関係にあたり、五行では木に属します。また、胆は腑であると同時に、胆汁をためておく働きがあるため、「奇恒の腑(きこうのふ)」と言われる特別な臓腑になります。

▶︎奇恒の腑についてまとめた記事へ

胆汁の貯蔵・排泄

胆汁の貯蔵、排出を行い消化を助けます。貯蔵・排泄自体は胆の働きによって行われますが、実際に出すかどうか、その量などをコントロールをしているのは五臓の肝の働きです。

決断・勇気をつかさどる

また、肝や胆は「肝(きも)がすわる」と言われるように、どっしりとした、堂々とした精神力をつかさどります。

具体的には、肝のたてた計画に対して、胆が決断する、という役割分担です。

胆の変調によって起こる不調

胆汁の異常排泄により黄疸がでます。また、胆汁が上にあがると口が苦く感じます(口苦)。

また、胆は決断と勇気をつかさどるため、胆が弱ると決断力がなくなり、びくびく、おどおどしてしまいます。「どれが良いかなかなか決められない」、「決断までに時間がかかる」性格の場合、胆の働きが低下しているかもしれません。

胃は五臓の脾と関わり、飲食物の消化を行う

胃は五臓の脾と表裏関係にあり、五行では土に属します。

胃の働きは、受納、腐熟、通行の3つありますが、それぞれ脾のコントロールのもとで行われます。

水穀の受納(飲食物の受け入れ)

胃が水穀(飲食物)の受納(受け入れ)を行います。食欲に関する働きも、胃の「受納」が関係します。

腐熟(飲食物の消化)

胃の消化する働きを「腐熟(ふじゅく)」と呼びます。ざっくりとした、第一消化と言えるレベルの消化を執り行います。

通降(腐熟したものをおろす)

腐熟させた飲食物を下に通し、腸に届ける働きを「通降」と言います。

胃の変調によって起こる不調

食欲不振や消化不良など、よく知る胃の症状が現れます。

通降の働きが低下すれば、消化したものを腸に送る働きが弱くなるため、お腹の張りやむかつき、吐き気、胸焼け、げっぷ、口臭などを起こします。特に胃は熱を持ちやすく、熱をもつと口臭やげっぷ、胸焼けは悪化します。

また、受納の働きが強いと消化が早まり、空腹感から過食になってしまいます。これを東洋医学では「胃熱」と言います。

小腸は心と関わり、消化の仕上げをする

小腸は、臓器では心と表裏関係にあり、五行では火に属します。小腸の働きは、全て胃のコントロールのもとで行われます。

清濁の泌別(消化の仕上げ)

小腸は胃が腐熟した飲食物を、栄養分と不要物にわけます。これを「清濁の泌別」と言います。

栄養分は五臓の脾に送り届け、脾の働きによって全身に送られます。不要物は腎や膀胱、大腸に送り、排泄されます。

小腸の変調によって起こる不調

小腸の働きが乱れると、お腹が鳴る、腹痛や下痢などの不調が現れます。また、小腸が熱を持つと血尿や排尿痛も起こります。

大腸は肺と関わり、便を作る

大腸は、五臓では肺と表裏関係にあり、五行では金に属します。

糟粕(そうはく)の伝化

小腸から届く不要物から、水分を吸収し、便を作ります。脾胃や小腸の働きが低下していると、消化しきれなかったものが混じる便が形成されます。また、体内の水分バランスによって、便から水分を再吸収する量が変わります。

大腸の変調によって起こる不調

過剰な熱や水分不足によって体内の水分が足りないと、便から水分を再吸収します。結果、便秘が起こったり、便がカチカチにかたくなります。一方、冷えなどで水分の吸収がうまくいかないと、下痢や血便になります。

大腸で便から水分を再吸収し、その水分は再び体を潤すために使われます。そのため、食べる物によっては体臭や皮膚の状態に変化をもたらすことがあります。腸内環境が皮膚と関わるのは、こうした点からも考えられます。

膀胱は腎と関わり、尿をためておく

膀胱は腎と表裏関係をもち、五行では水に属します。膀胱の働きは、五臓の腎のコントロールのもとで行われます。

約束(制約)の働きで尿を蓄える

五臓の腎が余分な水分を尿に変え、膀胱にためておきます。膀胱内の尿量が一定をこえると、腎のコントロールのもとで排泄します。

こうした貯尿・排尿のコントロールを、膀胱の「約束(制約)機能」と呼びます。

膀胱の変調によって起こる不調

膀胱の変調はイメージの通り、出てくる症状は排尿障害です。頻尿、尿漏れ、のように、尿をためておくことができなくなったり、反対に尿が出なくなったりもします。

三焦は心包と関わり、水分代謝をコントロール

上焦、中焦、下焦の三つの「焦」を三焦といいます。水分や気の通り道と言われ、臓器と臓器の隙間をさしています。

具体的には、上焦で肺から、中焦で脾から、下焦で腎から、代謝された水分の通り道だと言われます。しかし、三焦自体は目に見える臓腑の形はありません。

いまだに、「三焦とは何か」について明確な答えはないようです。五(六)臓にあたる心包(しんぽう)についても、東洋医学独特の考えであり、どちらも「実在はしないものの、その機能は認められるもの」として扱います。

▶︎心包と三焦についてまとめた記事へ

三焦の変調によって起こる不調

三焦の働きが悪くなると、水分代謝に影響がでます。むくみや、尿の出が悪くなったりします。

おわりに

腑の働きをざっくりまとめると、

  • 胃と胆、小腸で飲食物を消化する。
  • 小腸・大腸で栄養と水分の吸収を行う。
  • 大腸・膀胱が便や尿を排泄する。
  • 三焦がこれら全ての過程に関わり、水分調整を行う。

六腑は五臓より注目されない傾向にあります。しかし、身近な不調は、六腑の症状が多く、その段階で不調を改善していくと、早めの回復が望めます。

五臓六腑、どれがダメでも、全部ダメ、バランスよく、大切にしていきましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント