五臓六腑の表裏関係・相生関係・相克関係まとめ

五臓六腑の関係イメージ 五臓六腑
五臓には肝・心・脾・肺・腎・(心包)、六腑には胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦があり、それぞれ臓腑での対応を表裏関係と言います。また、五臓六腑にはお互いにサポートしあう相生関係と、抑制し合う相克関係があり、それぞれの臓腑がバランスを取りあって活動を支えています。特に鍼灸治療では、こうした臓腑の関係を用いて治療を行い、五臓六腑の働きを整えて全身の症状に対応していきます。

 

東洋医学的な考えを前提に養生の話をする際、必要なものがあります。

それが、以下の3つです。

  • 気・血・水(津液)・精
  • 虚・実
  • 五臓六腑

私たちの体は、

  1. 気・血・水(津液)・精が
  2. 五臓六腑の働きによって
  3. 過不足(虚・実)なく

バランスよく巡ることで健康を保っています。

今回は、このうちの【五臓六腑】について、その特徴や関係についてまとめていきます。

スポンサーリンク

東洋医学における「五臓六腑」の確認

ここでは、五臓六腑について簡単にまとめてみます。

五臓六腑に関して、各臓腑を個別でもまとめまた記事もありますので、興味を持たれた人はこちらもご参照ください。

ここでは、五臓六腑が、どのように体と関係していくかをみていきます。

そもそも五臓六腑とは何だ?という方は、下表をご参照ください。

五臓六腑まとめ
五行 五臓 六腑
小腸
大腸
膀胱
 (火) 心包 三焦

五臓六腑とは、上記の表の通りになります。

一番下の心包と三焦は聞きなれないものだと思いますので、別の記事にまとめたものをご参照ください。

スポンサーリンク

五臓六腑と「五行説」

五臓六腑の相互関係を考える際に、「五行説(ごぎょうせつ)」と呼ばれる概念を用います。

これは、宇宙にあるもの全て、「木・火・土・金・水」の5つの要素から成り立ち、この五行の循環法則に従って変化する、という考えです。

木の性質

植物が芽吹き、成長していくことから、万物が生じ伸びていく春の象徴です。

臓腑では肝・胆がこれにあたり、気を伸びやかに巡らせる「疎泄(そせつ)」という働きが代表的です。

火の性質

火が燃えている、熱の性質で、万物の成長が盛んな夏の象徴です。

臓腑では心・小腸が該当し、体を温める温煦(おんく)作用があります。

土の性質

万物を育て、保護する大地の象徴です。

四季それぞれに関わり、季節の変わり目の象徴です。うなぎをいただくことで有名な「土用(どよう)」がこれにあたります。

臓腑では脾・胃が関わります。

金の性質

金属のように固く鋭い性質で、収穫の季節、秋の象徴です。

臓腑では肺・大腸があてはまります。

水の性質

泉から湧く水を表し、万物の生命を育む源です。

季節は冬の象徴です。

臓腑では腎・膀胱があてはまります。

スポンサーリンク

五臓六腑の「表裏関係」

隣り合った五つの臓と腑はそれぞれ対応していて、これを「臓腑・陰陽の表裏関係」と呼びます。

  • 肝 - 胆
  • 心 - 小腸
  • 脾 - 胃
  • 肺 - 大腸
  • 腎 - 膀胱

表裏関係にある臓腑は、ツボの線路である「経絡」でもつながりを持ち、互いに干渉しあって体を支えています。

例えば腎臓と膀胱のような表裏関係だと、「尿関連かな?」とイメージしやすいと思います。肺と大腸も、最近ようやく腸内環境と呼吸器の不調(風邪、花粉症など)の関係が明らかになってきましたが、東洋医学でははるか昔からその関係性に気付いていたことがわかります。五臓六腑はこうした関連を持ちながら、生命活動を維持していきます。

五行説の相生関係・相克関係

こうした5つの要素は、それぞれ関係性を持ちながら循環します。

相生相克イメージ

相生関係とは

画像の外側の円周の流れを、相生関係と言います。

臓器の例では、

肝→心→脾→肺→腎→肝→心……

と、次の相手を強める性質です。

これは、五行の性質で考えるとよりわかりやすく、

  • 木は火を生む
  • 火は燃えて土になる
  • 土は金(鉱物)を生む
  • 金属は表面に水滴を生む
  • 水は木を成長させる

ベースにあるのは、自然界の移り変わりの流れです。こうした循環を持って、自然界の生命活動は繰り返されます。

相克関係とは

相克関係は、相生関係とは反対に、抑制する働きです。

画像の内側、星型の矢印の流れが相克関係を示します。

  • 木は土の栄養を吸うので、土に勝つ
  • 土は水を吸い流れを止めるので、水に勝つ
  • 水は火を消すので、火に勝つ
  • 火は金属を溶かすので、金に勝つ
  • 金属の刃物は木を切るので、木に勝つ

五つの要素が強め合うだけでなく、抑制したり、奪ったりすることで成り立ちます。

 

五臓の相生関係・相克関係をみてみる

鍼灸治療や、養生、セルフケアにおいて、五臓の相生・相克関係は大切な要素になります。

それぞれの臓器の関係を簡潔にまとめます。

肝の相生・相克

相生相克イメージ

肝が強まれば、心はより強いサポートを受けることができます。

しかし、脾を抑制する力も強まってしまいます。

肝は、血をためておく「蔵血(ぞうけつ)」の働きと、血を送る量や場所をコントロールする「疎泄(そせつ)」の働きを持ちます。

肝の働きのおかげで、心は十分な血を、くまなく送り出すことができます。

一方、肝の血をためておく働きや、血を送る量や場所のコントロールが乱れると、血を漏らさないように働いている脾の働きを越えてしまい、血が溢れてしまいます。

また、肝のつかさどる目や筋が血を使いすぎると、脾に回る血を使いすぎてしまいます。

心の相生・相克

相生相克イメージ

心が強まると、脾の働きも高まります。しかし、肺の働きは抑制してしまいます。

心の持つ、熱(温煦作用)が、冷えに弱い脾をサポートしています。一方、熱が高まりすぎると、気血は上昇方向に動きます。すると、肺の下に降ろす働き(粛降作用)が抑制されてしまい、気や血、水を下ろせなくなり、のぼせたりします。

脾の相生・相克

相生相克イメージ

脾が強まると、肺の働きをサポートします。脾と腎は相克関係で、時に腎を抑制することもあります。

しかし、脾でできる「後天の精(水穀の精微)」は、腎にためられ、腎の精によって脾の働きも保たれます。こうしたことから、脾と腎の関係は対等、という考えもあります。

肺の相生・相克

相生相克イメージ

肺が強まると、腎の働きはサポートされます。しかし、肝の働きは抑制されてしまいます。肺の「粛降作用(しゅくこうさよう)」により、呼吸で得た気や、脾から得る水分が腎に降りていき、届きます。

また、肺の働きが強まると、肝の疎泄によって上がる気も粛降してしまい、気が上に上がらなくなります。

腎の相生・相克

相生相克イメージ

腎の働きが強まれば、肝の働きもサポートされます。しかし、心の働きは抑制されてしまいます。

腎に貯蔵された精から、気や血は作られ、肝の疎泄作用によって全身をめぐります。反対に、腎の力が強まり過ぎれば、水をつかさどる働き(主水)によって、心の熱(温煦作用)を下げすぎてしまいます。

例)五臓の相生関係・相克関係を養生に取り入れてみよう

私たちが鍼灸治療を行う際、五臓の相生・相克関係を含めどのように考えるか、一例をご紹介します。

例:耳が遠くなった
  1. 「耳」なので、腎の働きを取り戻すと良さそうです。腎にはひじきなどの黒い食べ物や、海産物などの鹹(しおからい)味が効果的です。
  2. さらに、腎のサポートをしてくれる、肺の働きを高めます。肺を養う辛い味のものを食べ、少しゆっくり深呼吸。
  3. 腎の働きを抑制する脾の働きを鎮めます。甘いものを少し控えて、冷えないようにします。

鍼灸治療をする際も、こうした相生・相克は常に意識します。

 

おわりに

五行を中心に、東洋医学的に体をみていくと、どこか一つの問題が、様々な関係性を持って体の調子を変えていくことがわかります。

西洋医学的に、「ここが悪いので切ります」と、それで終わりとしないところが、東洋医学の魅力であり、難病と向き合うことができる強みだと感じます。

もちろん、大げさにグルグルと考えすぎて、結局答えはシンプルだった、という経験もたくさんあるんですけどね。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント