選穴・配穴

腸内環境を整えて下痢・軟便を改善する経穴(ツボ)

下痢や軟便を改善するツボについてまとめました。主に水分の過剰、冷えが下痢や軟便の直接の原因となりますが、東洋医学では「どこが冷えているか」にも着目します。自分の体質にあったツボを刺激し、下痢や軟便を改善しましょう。
予防・未病治

ファインタッチを使用して刺絡療法をセルフケアに取り入れる方法まとめ

医療器具であるファインタッチを用いて、鍼灸治療の手法の一つ「刺絡療法」をセルフケアに取り入れる方法をまとめます。出血を伴うため、セルフケアに限定し、消毒などのリスク管理を徹底して行いましょう。
選穴・配穴

原因にあわせて耳鳴りを改善する経穴(ツボ)

東洋医学では、耳鳴りの音や性質によって原因となっている臓腑や気血水の状態が異なると考えます。自分の体質や、耳鳴りの性質を確認し、自分にあったツボを刺激することで耳鳴りを改善しましょう。
選穴・配穴

東洋医学のアイディアで腸内環境を整え便秘を解消する経穴(ツボ)

便秘を改善する効果のあるツボをまとめます。東洋医学では、体を巡る気や血、津液(水分)の状態や、他の臓腑の働きも影響し、良い便通につながります。自分の体質にあったツボを刺激して、快便体質を目指しましょう。
選穴・配穴

風邪の症状にあわせて経穴(ツボ)を使い分け、早期回復を目指そう

風邪をひいてしまった時に用いる経穴(ツボ)を、風邪の症状別にまとめます。出ている症状によって、同じ風邪でも体の中の状態は異なります。自分の症状にあったツボを刺激し、いち早く風邪を治しましょう。
股関節・下肢

膝の内側に起こる【鵞足炎】の原因と、対策のストレッチや経穴(ツボ)のまとめ

膝の内側に起こる「鵞足炎」について、原因、対策となるストレッチやツボについてまとめます。鵞足炎は股関節から膝の下まで伸びる縫工筋・薄筋・半腱様筋の付着部に起こる疾患です。それぞれの筋肉の柔軟性を取り戻し、痛みを改善しましょう。
肩・上肢

棒体操・コッドマン体操(アイロン体操)で肩の筋肉のストレッチをしよう

肩の運動・ストレッチとして有名かつ有効な棒体操・コッドマン体操(アイロン体操)についてまとめます。棒体操もコッドマン体操も、四十肩や五十肩などで痛みが強い時にも、低い負荷で行うことができるため、リハビリにも効果的な運動です。
股関節・下肢

椅子に座って股割りの練習をして股関節の動きを獲得しよう

股割り(開脚180度)の練習の一つとして、椅子に座った状態で行う方法を紹介します。骨盤を立てる立腰、腰椎の生理的な前弯を維持するイメージを掴みやすく、その他の筋肉のかたさに影響されないため、股割りの練習にお勧めです。
股関節・下肢

膝が曲がらない、曲げると膝が痛い場合に効果的なストレッチを、負荷の軽い順から紹介

膝を曲げるストレッチを、負荷の軽いものから順に画像付きで紹介します。自分の膝がどれくらい曲がらないのか、その状態にあったストレッチはどんなものがあるのかを確認し、再び「曲がる膝」を取り戻しましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の肝の働き「疏泄」と「蔵血」についてまとめ

東洋医学において、五臓の肝の働きには「疏泄(そせつ)」と「蔵血(ぞうけつ)」の2つがあります。疏泄は気を巡らせる働き、蔵血は血を貯めておく働きです。どちらも全身に関わる働きなので、肝の働きが弱ると全身に症状が現れてしまいます。